読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンビニで買える「低糖質」食品!(主食編)

f:id:kenya3:20170214041242j:plain

コンビニでも「低糖質」食品が買えます。最近では、健康志向の高まりを受けて糖質を抑えた食品が増加。パンやラーメンからスイーツに至るまで、幅広く揃う。

 日本人の主食である米やパンの糖質は思っているより非常に高い。ご飯1膳(150g)には約55gの糖質が含まれ、食パン1枚(6枚切り:100g)では44.40gの糖質が含まれています。「ロカボ」(ゆるい糖質制限の基本は、1食当たりの糖質摂取量20g~40gです。ご飯1膳や食パン1枚だけで糖質過多につながります。満足感を維持しつつ糖質を抑えるには、最近コンビニなどで販売されているブラン入りのパンを活用すると良いと思います。

ブラン入りパン?

ブランとは、米や小麦のふすま(ぬか)のこと。ローソンでは、米のふすまを使ったパンが販売されています。ファミリーマートでは、小麦のふすまを使ったパンなどがあります。

ローソン ブランパン

 f:id:kenya3:20170214044427j:plain

米のふすまを混ぜ、糖質を大幅にカット。1個当たりの糖質は2.2g。

ローソンは低糖質のおかずパンも豊富

 

 

 

 ファミリーマート ブランロール

f:id:kenya3:20170214052615j:plain

 ファミリーマートはRIZAPとコラボしたブランロール。1個当たりの糖質は14.2g。

「ファミマ+RIZAP」のパンは2種類

気軽にコンビニで購入する商品も健康管理のためにも「糖質」を気に留め購入したいものです。