コンビニで買える「低糖質」食品!(おかず編)

f:id:kenya3:20170215052232p:plain

前回は、”コンビニで買える「低糖質」食品!(主食編)”を紹介しましたが、今回は”コンビニで買える「低糖質」食品!(おかず編)”です。主食とおかずをうまく摂取することで「糖質制限」。

 魚や肉は基本的には糖質が少ないが、気を付けたいのが味付けです。味付けによっては糖質が一気に多くなるので注意が必要。調理法としてはシンプルな塩焼きがベスト。卵や豆腐は低糖質食材なので問題ありませんが、おでんはつなぎに使う練りものは注意が必要。

 

糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!)

糖質オフ!でやせるレシピ―お肉もお酒もOK! (食で元気!)

 

 コンビニ食品でバリエーションが増えているのがパウチ総菜。その中でも魚は低糖質食です。塩焼なら糖質が少ないので、レンジで温めるだけですぐに食べれます。気を付けたいのが、必要以上の塩分の取りすぎには注意です。

セブンイレブン ほっけの塩焼

f:id:kenya3:20170215052232p:plain

炭水化物の量は僅か0.04g

炭水化物の量が少ないのは塩焼

※炭水化物=糖質+食物繊維 栄養成分表示で「糖質」の表示無いときは炭水化物ー食物繊維で糖質量がわかります。食物繊維の表示が無いときは炭水化物を「糖質」と思えばよいでしょう。

 やはり塩焼と比べると煮付は糖質を多く含むみりんや酒、砂糖などを使っているので糖質が高くなっています。糖質制限には、シンプルな味付けがベストと言えます。

セブンイレブン おでん

f:id:kenya3:20170216044619j:plain

低糖質な食品は肉や魚介類が少ない。魚は塩焼が炭水化物が少なかったが、おでんは”牛すじ”が狙い目。練りものはつなぎで使用される小麦粉などが使われているので注意が必要。

おでんの具は”牛すじ”が狙い目

やはり、練りものはつなぎが使われているため”餅入り巾着”は17.4gと炭水化物の量が高め。

セブンイレブン 冷やっこセット

f:id:kenya3:20170216052927j:plain

糖質制限で不足がちな”ビタミンB群”は、大豆食品の”豆腐”などで補うといいでしょう。

セブンイレブン サラダチキン

f:id:kenya3:20170216042605p:plain

野菜不足の解消のためにもサラダを補うといいでしょう。”チキンサラダ”は低糖質・高タンパク質でダイエットでも知られています。

 主食とおかず2品ぐらいで糖質制限が出来ます。糖質制限=ダイエット”と思っていましたが、生活習慣病の予防にもいいことがわかります。最近では、糖質を抑えたスイーツ店も増えているので、次は食後の”スイーツ編”を紹介したいと思います。